家族葬も葬儀社によってプランが異なる|優良業者を探すコツ

関西圏でも他とは違う作法

フラワー

基本的なしきたりも重要

生駒市のある奈良県で葬式を行う場合、関西圏でもほかの場所とは異なる風土が残っています。昔ながらの近隣の組が残っている場所では、10軒程度の家で構成する垣内(かいと)が葬儀の手伝いをするものと決まっていました。現代風になってからほとんどは葬儀社などを利用するようになりましたが、10%程度は垣内の仕組みを残しているので、近隣に確認しておきましょう。また、参列者に通夜ブルマ委で飲食の提供をする風習はなく、親族だけで飲食を行うことが多いです。会葬御礼の品として、お茶や日持ちのするお菓子を提供するのも、生駒市の葬式で行われています。この会葬御礼については、喪主が香典を辞退した場合でも振舞うのが生駒市のある奈良県で一般的な作法です。ただし、会葬御礼ではなく通夜供養の名目で渡すことに注意しましょう。品物選びで迷う人もいますが、食べてなくなるものや口に入れるものを選ぶと無難だといわれています。相場は1000円程度なので、あまり高額なものを用意しないように気を付けた方が安心です。生駒市は関西圏ですが、葬式で用いる香典袋の水引は、黒白を使用するので、他の場所とは間違えないようにしてください。生駒市の葬式は、周辺の大阪や京都のような関西圏ルールを用いていない葬式が目立つため、葬儀社や菩提寺の僧侶に相談する等、確認が欠かせません。関西圏の中では独自の作法や決まりがあるので、生駒市ならではの風習を理解している相談相手がいれば、何の問題もないでしょう。