家族葬も葬儀社によってプランが異なる|優良業者を探すコツ

家族だけでのお見送り

葬式

近親者のみで行うメリット

家族や親しい友人のみで行われる家族葬では、一般会葬者がいないため、誰にも気兼ねせずに故人とのお別れの時間を過ごすことができます。通常のお葬式では、あらゆる段取りや準備、会葬者に向けての喪主の挨拶など、気丈に振る舞わなければならず、実際に遺族が故人とゆっくり向き合える時間が、なかなか取れないことが多いものです。また、お葬式が終わった後も、遺族が行わなければならない手続きなどが、数多くあります。特に、遺産相続などにおいては、時間と労力を費やすことになるでしょう。そんな中、四十九日の法要があり忌明けとなるころには、お葬式にて香典を受け取った方に対して、お返しを贈ることになります。それまでに、お返しを贈る方を把握し、品を選んでお礼状なども準備をする必要があるのです。家族葬であれば、香典返しに関する負担は、かなり軽減されることになると言えます。大阪市平野区で家族葬を行う場合、平野区周辺での葬儀に対応している、家族葬を扱う葬儀社に依頼します。土地ごとに風習などが異なるため、平野区の慣習に合わせた葬儀を行ってくれるところを選びましょう。また、近親者のみで行える葬儀には、一日葬と呼ばれる、お通夜を行わない告別式だけのスタイルや、直葬または火葬式と呼ばれる、葬儀式を行わずに火葬のみを行うスタイルもあります。平野区にも、これらに対応している葬儀社や斎場があるので、費用などにおいては直接問い合わせてみると良いでしょう。